ペティナイフの用途は?選び方とおすすめ商品まとめ

ペティナイフ おすすめ包丁

包丁には様々な種類がありますが、なんだかんだ言ってキッチンに1本あると便利なのが「ペティナイフ」です。

ペティナイフの用途って意外と幅広いんですよ。

ここではそんなペティナイフの便利な使い道や、選び方、おすすめの商品を紹介していきたいと思います。

ペティナイフの用途は?どんな時に便利なの?

ペティナイフの代表的な用途はこちら。

  • 皮むき
  • 面取り
  • 飾り切り etc

見た目通り、細かい作業が得意な包丁ですね。

ペティナイフの魅力は短さだけでなく薄さにある

ペティナイフ

ペティナイフは、刃が短いだけでなく薄いというのも忘れてはいけないポイントです。

三徳包丁や牛刀ではなくあえてペティナイフを使う人は、この”薄さ”に魅力を感じて愛用していることが多いんですよ。

包丁の刃は薄ければ薄いほど、食材に対して切れ味よくスパッと切れ込みます

 

しかし、刃が極端に薄すぎると、今度は”強度”に問題がでてきますよね。

ですから、万能包丁である「三徳包丁」や「牛刀」は、硬い食材でも刃が負けないよう、どうしてもある程度の厚みが必要なんです。

出刃包丁なんかは硬い魚の骨にも対応するためにかなり厚い刃になってますよね。

 

つまり、三徳包丁や牛刀は小さい食材に対して十分なパフォーマンスが発揮できないんですよ。

食材によっては、切れ味の良い三徳包丁よりも、普通のペティナイフの方が使いやすいということがあるくらい。

ペティナイフは小さい食材での用途しか想定していないので、最大限薄い刃にすることができるというわけです。

ペティナイフは魚を捌くときに便利?

三徳包丁とペティナイフを使い分けていると、この「刃の薄さ」による差が出る場面にたびたび遭遇します。

例えば魚を捌くとき。

魚といっても大きなものではなく、アジ、サンマ、ハタハタなどの小さめの魚ですね。

 

内臓除去などのちょっとした下処理をするとき、三徳包丁では身が崩れてしまうことがありますが、包丁をペティナイフに持ち替えるだけで驚くほど綺麗に捌けるようになります。

小さくて崩れやすい(柔らかい)食材も、簡単に調理できるのできるのがペティナイフ最大の魅力でしょう。

 

正直、普段料理をほとんどしない人は三徳包丁一本で十分なんですよ。

しかし、料理が好きでよくする人であれば、ペティナイフを一本持っておくだけで料理がもっと楽しくなるでしょう。

ぜひペティナイフの魅力を感じてみてほしいです。

おすすめのペティナイフまとめ

ここからは実際におすすめのペティナイフをいくつか見ていきましょう。

MIYABI ペティナイフ 5000MCD 130mm


ツヴィリング雅シリーズ「5000MCD」のペティナイフ。

有名包丁メーカーの中でも、見た目、切れ味ともに最高級のダマスカスペティナイフです。

お金を気にせず最高なものが欲しいという方におすすめ。

 

ハンドルには、すべて木目が異なるオリジナルの天然木(カバ材)を使用。

刃も「MC63スチール」と呼ばれるワンランク上の素材が使われています。切れ味抜群です。

MIYABI ペティナイフ 5000FC-D 110mm


ツヴィリング雅シリーズ「5000FC-D」のペティナイフ。

5000MCDよりも安価ですが、これも十分高級ペティナイフです。

 

刃は2パターンの異なるダマスカス紋様が並ぶ斬新なデザイン。

こちらもD型シェイプハンドルで、手についつくような握り心地が味わえます。

アーク ペティナイフ 130mm


「アーク」シリーズのペティナイフ。

フリオデュアという独自の焼き入れ処理を施した鋼が使用されています。硬度も高い。

 

シンプルでスタイリッシュなデザイン。

アーチ形ハンドルは、持ちやすく疲れにくいのが特徴です。

ペティナイフの選び方

一口にペティナイフといっても、実はけっこういろんな種類があります。

探していると、サイズや形状が大きく異なるペティナイフがでてきますよね。

「ペティナイフ」と「果物ナイフ」の違いは?

例えば紛らわしいのが「ペティナイフ」と「果物ナイフ」の違いです。

実際この2つの違いってほとんどないんですよね。メーカーによって表記も微妙に違いますし…。

正直、名前の表記を気にせず、見た目の違いから自分の用途に合う方を選ぶくらいの感覚でも良いと思います。

 

強いて違いを挙げるとすれば「刃の厚さ」ですね。

  • ペティナイフ・・・刃の厚さが1mm以下
  • 果物ナイフ・・・刃の厚さが1mm以上

実は、一つの違いの指標として、こんな差があったりするんですよ。

最初に紹介した通り、ペティナイフの魅力は刃の薄さなので、こんなところも見て選んでもらえると良いかもしれませんね。

ペティナイフのサイズは80mm~150mmと幅広い

あとはサイズの問題です。

ペティナイフのサイズは「80mm~150mm」と幅広いです。(ちなみに150mmは短めの三徳包丁くらいの長さ)

 

使っている三徳包丁のサイズとの兼ね合いもあるので、実際に手に取って比べてもらうのが一番なんですが、「110mm~130mm」くらいが無難なサイズだと思ってもらえればと思います。

なるべく幅広い用途でペティナイフを使いたいと考えると、このくらいの長さがおすすめですね。

 

さらにいうと、ペティナイフは実物を見ずに購入すると「思ったより短かった…」なんてことがよくあります。

ペティナイフはその軽さも相まって、想像以上に小さく感じるんですよ。

こんなところも気を付けてもらえたらと思います。