おすすめの三徳包丁まとめ!選び方のポイントとは?

三徳包丁 おすすめ包丁

ここではおすすめの三徳包丁を紹介します。

三徳包丁といえば、日本家庭に最も広く普及している包丁ですね。

 

当サイトでは三徳包丁以外にもいろんな種類の包丁を紹介しています。

しかし、やはり最初の一本目や普段使いの包丁には三徳包丁がおすすめ。

ここでは、そんな三徳包丁の選び方とおすすめの商品をまとめました!

おすすめの三徳包丁まとめ

それでは早速ですが、おすすめの三徳包丁を見ていきましょう。

有名な包丁メーカーを中心に、特徴的で人気の高い包丁をピックアップしてます。

ぜひ参考にしてみてください!

関孫六 ダマスカス三徳包丁

包丁メーカー貝印の人気ブランド「関孫六」。

こちらはその中でもダマスカス仕様の三徳包丁です。

ダマスカス包丁に憧れがある人も多いと思いますが、関孫六のダマスカス包丁は比較的安価に購入できるのでおすすめ。

 

日本最大の包丁メーカーなので、最初の1本としては最も安心感がありますね。

財布に余裕がある方は、「旬」という関孫六の上位ブランドもチェックしてみましょう。

GLOBAL(グローバル)三徳包丁

GLOBAL(グローバル)の三徳包丁。

包丁の刃と柄につなぎ目がない、ステンレス一体型構造が魅力的な包丁です。

最近は一体型構造の包丁が増えてきましたが、GLOBALはその先駆者的なメーカーなんですよ。

 

ステンレス一体型包丁の魅力は、とにかく手入れが楽なこと。

バランスも非常に良いです。

もともとステンレスは、包丁の素材の中でも、切れ味とメンテナンス性を兼ね備えた万能なタイプですからね。

 

デザインに魅力を感じで購入する人も多いです。

ボブ・クレーマー ユーロ ステンレス 三徳包丁

Zwilling(ツヴィリング)の「ボブ・クレーマー ユーロステンレス」。

ボブ・クレーマーはナイフ職人の1人なんですが、彼が作った包丁は世界一切れ味が良いといわれているんですよ。

料理好きの間では最高級の包丁として知られています。

 

ツヴィリングから販売されているユーロステンレスは、ボブ・クレーマーの技術を、関市の職人が再現したモデルとなっています。

メディアでもよく取り上げられているので見たことある人も多いんじゃないでしょうか?

料理好きの方や、最高峰の包丁を使いたい方に最もおすすめする包丁です。

 

ボブ・クレーマーの三徳包丁は、他のメーカーと比べて牛刀に近い形状をしています。

細かい作業もしやすいですよ。

三徳包丁の上手な選び方

ここで簡単にですが、三徳包丁の選び方をまとめておきます。

三徳包丁を購入する際に注意すべきポイントです。

三徳包丁はサイズ選びが重要

まず初めに、三徳包丁はサイズ選びが重要です。

ちなみに、三徳包丁のサイズはおおよそ「165mm~200mm」の間となります。

中でも「165m」と「180mm」の2サイズがメインですね。

 

サイズ選びに迷ったら180mmがおすすめなんですが、過去に165mmの三徳包丁を使っていた人はかなり長く感じるでしょう。

これから長く使うのであれば、お目当ての商品と別のものでも良いので、お店でサイズ感を確認することをおすすめします。

 

ちなみに、大抵の調理は165mmの三徳包丁でも可能ですが、キャベツの千切りなど、大きな食材を切るときは180mmの方が楽ですよ。

逆に、そういった大きな食材を扱うことがほとんどないのであれば、165mmの小さな三徳包丁の方がおすすめですね。

三徳包丁の材質はステンレスがおすすめ

続いては三徳包丁の材質選び。

三徳包丁の場合、材質は「ステンレス」と「セラミック」の2種類で悩むことが多いと思います。

 

結論を言うと、迷ったならステンレスを選ぶのが無難です。

理由があってあえてセラミックを選ぶのであれば良いのですが、やはりステンレスの包丁の方が性能面でバランスが取れています。

 

包丁の選び方に関してさらに詳しい情報を知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

最初の1本目に三徳包丁がおすすめな理由

日本で普及している万能包丁は、三徳包丁のほかにもう一つ「牛刀」もありますよね。

料理初心者や最初の一本目には三徳包丁がおすすめなんですが、両方使っている身としては、正直牛刀も捨てがたいんですよ…。

 

詳しい違いは下記の記事でまとめてあります。

 

慣れてくると牛刀の方が何かと便利な場面も出てくるので、最初に好きな方で慣れてしまうのもありと言えばありかもしれません。

 

包丁は食材によって使い分けるのがベストです。

しかし、実際はそこまでする必要を感じない人がほとんどでしょう。

それほど料理しない方は三徳包丁一択で良いかと思います。

【種類別】Amazon人気包丁ランキング
ランキングを見る
【種類別】Amazon人気包丁ランキング
ランキングを見る