砥石の「番手」って何?#で表す数字の意味とは

砥石 番手 包丁の研ぎ方

砥石には「番手」と呼ばれる種類分けがされています。

商品詳細に「#」と「数字」の表記があるのを見たことある人も多いでしょう。

砥石の購入時にはこの番手に注目して選ぶ必要があるんですよ。

ここでは、包丁研ぎ初心者でも砥石選びに迷わないように、番手について詳しくまとめておきたいと思います。

砥石の「番手」って何?

まずは、そもそも砥石の番手って何なんでしょうか?

番手は砥石を種類分けするときの基準です。

ネットで商品を見たことがある人なら分かると思いますが、「#400」「#2000」のように数字で種類が分かれていますよね。

まさしくこれが番手。

 

砥石購入時はこの数字をもとに自分で選ぶ必要があります。

それぞれ用途が全然違うので、特徴を知った上で使うようにしましょう。

番手を決める粒度の基準

番手は砥石の粒度を表します

粒度の基準は下記の通りです。

2.5cm×2.5cmの中に入っている砥粒の数によって番手が決まる(人造砥石の場合)

砥粒の数が少ないほど番手の数字は小さく、多いほど数字は大きくなります。。

ここまで知る必要はないかもしれませんが、予備知識として見ておいてください。

番手が大きいほどきめ細かい。小さいほど粗い。

番手は、数字が大きいほど砥石の粒度がきめ細かく、逆に数字が小さいほど粒度の粗い砥石ということになります。

  • 番手が大きい・・・粒度がきめ細かい砥石
  • 番手が小さい・・・粒度が粗い砥石

これがどういう意味を持つのか…。

お分かりの通り、砥粒(砥石の粒子)のきめ細かさによって、包丁を研いだときの仕上がりが変化するんです。

 

間違った番手を選んでしまうと、包丁を傷つける結果にもなりかねません。

以降、番手の見方を詳しく見ていきましょう。

番手の数字を把握して砥石を購入しよう

番手の数字は幅が広くてなかなか細かく見ることはできません。

しかし、砥石の番手は大まかに3つのグループに分けられるので、そこさえ理解しておけば購入時に迷うこともないでしょう。

砥石の番手は3つの種類に分けられる

実際に包丁研ぎ初心者が砥石を購入するときは、番手の数字を見るというよりも、この種類分けを基準に選ぶことになります。

こちらをご覧ください。

  • 荒砥・・・#80~#320
  • 中砥・・・#400~#2000
  • 仕上げ砥・・・#3000~

砥石は番手の数字をもとに、この3種類に分けられるんです。

商品を見てみると、砥石の詳細にこのどれかの表記があるはず。

 

番手の数字まで詳しく見たい人は、この数字の感覚を目安に、粒度の差を見極めると良いでしょう。

ちなみに、3種類の砥石の使い分けについては、下記の記事で詳しくまとめてあるので参考にしてみてください。

実は番手の数字による種類分けの基準は曖昧

といっても、番手による種類分けの基準は曖昧です。

紛らわしいことに、砥石のメーカーによって番手の間隔が若干異なるんですよね…。

 

ですから、今回紹介した番手の数字の間隔は覚える必要はありません。

実は、中砥と仕上げ砥の間に「中仕上げ砥(#1000くらい)」を設定するメーカーもあったりするんです。

初心者にこの見極めは難しいので、最初は砥石セットを購入して、定番の番手を試すのが良いと思います。

 

例えば、有名な包丁メーカー「貝印」から販売されている砥石は、「荒砥(#400)」と「中仕上げ砥(#1000)」のセット。

初心者でも研ぎやすく、包丁を大きく傷つけることもないのでおすすめです。