プレゼントに贈りたい包丁まとめ!包丁ギフトは縁起物なんです

包丁 プレゼント おすすめ包丁

プレゼントに包丁を贈りたい!

今や包丁は「運命、未来を切り開く」といった縁起物として、様々なギフトシーンでプレゼントされています。

 

ここではそんな包丁ギフトにおすすめのラインナップをまとめました。

プレゼントなので、自分では買わないようなちょっと良い包丁が贈りたいですよね。

そんな人におすすめの包丁です。

プレゼントにおすすめの包丁まとめ

おしゃれ包丁

包丁の金額はピンキリです。1,000円で買えるものもあれば、数万円するものまで様々。

とはいえ、今回紹介するのはプレゼント向きの包丁なので、どんなギフトシーンにおいても恥ずかしくない商品を揃えました。

このクラスとなると、料理素人でも切れ味の違いに気づくと思いますよ。

 

よほどの料理好きでもないと、なかなか高価な包丁なんて買わないですよね。

とはいえ絶対に必要なものに違いないので、ギフトとしては喜ばれること間違いなしです。

美しい見た目と納得の切れ味「雅 5000MCD」


ツヴィリングが誇る美麗なおしゃれ包丁「雅シリーズ」。

「5000MD」はその最高峰ブランドです。

 

何といっても魅力的なこのデザイン。

フラワーダマスカス模様が施された刃だけでなく、ハンドル(持ち手)にもおしゃれな天然カバ材も良いですよね。

切れ味も相当なものです。家庭向け包丁の最高峰といっても良いでしょう。

 

ちなみに、もう少し低価格な「5000FC-D」でもギフトとしては申し分ないと思います。

ギフトの定番「旬Shun Classic」


有名包丁メーカー貝印の最高ブランド「旬」。こちらも包丁ギフトの定番メーカーです。

「旬Shun Classic」は良品質な上に、他の包丁と比べお求めやすい価格となっています。

 

貝印は刃物メーカー随一のシェアを誇るので、もらった側にもその良さが伝わりやすい商品かもしれません。

ギフトなら、三徳包丁とペティナイフのセット売りがおすすめですね。

プレゼントにはどんな種類の包丁が喜ばれる?

プレゼントに包丁を選ぶときに迷うポイントがあります。

それは包丁の「種類」です。

プレゼントなら牛刀よりも三徳包丁が無難?

多いのが「三徳包丁」を選ぶか「牛刀」を選ぶのかという問題。

両者の違いは下記の記事で詳しくまとめてあります。

 

日本では圧倒的に三徳包丁の方がシェアが多いです。

牛刀はどちらかというと料理好きに好まれる包丁で、三徳包丁に慣れている人は最初ちょっと違和感を感じると思います。

ですからプレゼントとして無難なのは三徳包丁ですね。

 

一方、プレゼントする相手が料理好きであれば、牛刀を贈った方が喜ばれるかもしれません。

プレゼント前に包丁の種類について勉強しておこう

プレゼントが包丁で決まったなら、商品を選ぶ前に包丁に関する知識を軽く勉強しておくのもおすすめです。

当サイトでは「おすすめの包丁」「包丁の選び方」「包丁の種類」というカテゴリーでまとめてあるので、読んでいただければかなりの知識が身につくと思います。

 

前半で紹介したプレゼントにおすすめの包丁は定番ですが、もっとほかの種類の包丁をプレゼントしたいのであればそちらも参考にしていただけると、包丁ギフト選びの参考になるはずですよ。

包丁のプレゼントは縁起が悪いのか?

もしかしたら「包丁のプレゼントは縁起が悪い」と思っている方もいるかもしれません。

包丁というより”刃物全般”でしょうか。

 

ビジネス的なギフトシーンでは避けるのが無難かもしれませんが、昔から日本では門出を祝う場面で刃物が使われてきているんです。

結婚式のケーキ入刀、テープカット、潜水式の斧など…。特に最近では縁起物としてとらえられることが増えてます。

 

母の日、父の日、結婚祝い、新築祝いなど、プレゼントとして贈っても問題ないのでご安心ください。

最初に触れたように「運命、未来を切り開く」という思いを込めてプレゼントしてみてはいかがでしょう。