「シマアジ」と「アジ」の違いは?全く違う美味さが楽しめます

シマアジ 刺身 魚の捌き方

通販でシマアジを購入。ちょっと贅沢な家飲みです。

ところでシマアジって聞いたことありますかね?実はけっこうな高級魚とされている魚なんですよ。

 

ちなみに「アジ」って付いてますけど、一匹300円くらいで売られているアイツとはハッキリ言って別物だと思ってもらって良いかと…。

前にスーパーで、明らかにシマアジなのに「アジ」という名前で売られてるのを見た時はさすがにビビりましたね(笑)

 

個人的に好きな刺身ランキング上位にランクインする魚なので、食べたことない方はぜひ食べてみて!

通販でシマアジを購入

シマアジ

通販で刺身で食べられる鮮魚を購入すると、だいたいこんな感じで届きます。発泡スチロールの箱に氷と一緒に詰められてる感じ。

内臓が美味しく食べられる魚は別ですが、基本的に「内臓」と「エラ」は取った状態で注文するのがおすすめです。内臓の処理はどれだけでも早くやった方が鮮度を保てますからね。

 

通販で鮮魚を注文するときは、どこまで処理した状態で発送するかをしっかり伝えておきましょう。

僕の場合、魚を捌くのが好きなので三枚おろしで注文することはありませんが、内臓は魚が傷む原因となるのでそこまでは処理してもらってる感じ。

食べないのであれば内臓は邪魔でしかないんですよ…。

シマアジは身がしっかりしていて捌きやすい

シマアジ

そしてこちらがシマアジ。緑がかった光方をするのが特徴的です。

今回のは内臓込みで1㎏くらいなんですが、大きいものは1mにもなるみたいですよ。一応アジ科なんですが、スーパー見るアジとは全く別物ですね…。

 

今回もいつも通り出刃包丁と柳刃包丁を使って捌いていきます。

シマアジ 三枚おろし

シマアジは特に変わった特徴がないので、普通の三枚おろしで捌けます。身質も割としっかりしていて捌きやすいと思いますよ。

特に腹のあたりの身はコリコリしていて、腹骨もすきやすいです。この手の魚はほんと助かる…。

 

とまあ、シマアジは、サイズ的にも身質的にも非常に捌きやすい魚です。

三徳包丁でも捌けないことはないのでぜひチャレンジしてみてください!

「シマアジ」と「アジ」には全く違う美味さがあります

捌き終えたら、サク取りしたシマアジを柳刃包丁で切っていく。

今回は普通の刺身と握りでいただきます。

シマアジの刺身

シマアジ 刺身

皮引きに成功すると、そこには高級感溢るる銀色の輝きが…。

もう食べる前から見た目がやばいんですよ、シマアジって。

シマアジ 刺身

腹の脂が一番乗ったとこ。

何とも言えない味と食感で、アジというよりはブリに近いんですよね。ブリが好きな人は気に入るはず。

 

シマアジは、たんぱくであっさりしたアジとは違って、脂と甘みの強い味わいが楽しめます。

シマアジの握り

シマアジ 握り

そしてシマアジの握り。

実は寿司屋でも旬になると出てくるんですが、普通のアジだと思って真の美味さを知らない人が多いんですよ…。

アジって聞くとどうしても安っぽい印象を抱いてしまうのもなんとなく分かるんですけどね。

本当に美味い魚なので、これを機会にシマアジを知ってくれる人が増えたらうれしいです。

 

もちろん普通のアジも好きですよ。なめろうとか最高のつまみですから。