セラミック包丁は切れ味が悪い?メリットとデメリットを解説

包丁の種類

セラミックの包丁に興味がある方は必見!

ここでは、包丁を選ぶ前に知っておきたいセラミックナイフの特徴をまとめました。

 

セラミックの包丁の性能と合わせて、メリットとデメリットを見ていきましょう。

包丁を選ぶ際の参考にしてみてください。

セラミック包丁とは

セラミック包丁は、文字通り刃に「セラミック」という素材が使われている包丁です。

包丁メーカーによっては「セラミックス」と表記されることもあります。

「セラミック」ってどんな素材?

セラミックの原料は粘土や石です。

包丁に使われる素材は主に「鋼」「ステンレス」「セラミック」の3種類がありますが、中でもセラミックは比較的新しい素材で、鋼やステンレスの包丁とは特徴が大きく異なります。

同じ包丁でも全くの別物として考えている人もおおいんじゃないでしょうか?

 

耐摩耗性の強い素材で、最近のセラミック包丁は切れ味の良さを兼ね備えた商品も増えてきています

特徴は後ほど詳しく紹介しますが、実はセラミックが鋼やステンレスに勝る部分も多いんですよ。

最初から包丁選びの際に除外するのはもったいないです。

 

他の素材との比較は下記の記事を参考にしてみてください。

より硬度の高い「ファインセラミックス」について

ちなみに、セラミックは粘土や石は基本的に天然物を使用しているんですが、硬度を高めるために加工した原料を使用する場合もあります。

より硬度の高い原料を使ったセラミックは、「ファインセラミックス」なんて呼ばれるんですよ。

 

セラミック1つをとっても、通常のセラミックとファインセラミックスの2種類あることを覚えておくと良いでしょう。豆知識です。

包丁メーカーでは、セラミックとファインセラミックスは分けて表記されているので、商品を見る際は注意しておきたいですね。

もちろんファインセラミックスの方が硬度が高く良い素材です。その分値段も上がります。

セラミック包丁のメリットとデメリット

それではここで、セラミック包丁のメリットとデメリットを明確に把握しておきましょう。

買ってから後悔しないためにも、最低限下記の特徴を押さえておいてください。

セラミック包丁のメリット

まずはセラミック包丁のメリットから。

  • 切れ味が持続する
  • 錆びない

セラミックの包丁の一番のメリットはメンテナンスが不要なところ

鋼やステンレスの包丁と比べ、切れ味の持続性が高いため、包丁を定期的に研ぐ必要がないんですよ。

また、セラミックは錆びることがないので、包丁を洗った後の管理もめちゃくちゃ楽です。

 

包丁を研いだり、洗った後に水を拭き取るなど、メンテナンスが面倒な人にはステンレスの包丁がおすすめですね。

セラミック包丁のデメリット

続いてセラミック包丁のデメリット。

  • 刃こぼれしやすい
  • 研ぐのが難しい

まずは刃こぼれしやすいといったデメリットがあります。

正直セラミックの包丁は、硬い食材を切るのには向いていないんですよね…。

各自が作る料理の幅によって変わってきますが、いろんな食材を調理したい人には向かないかもしれません。

ちなみにそういった方は、サブの包丁としてセラミックを使う人が多いです。

 

また、セラミックの包丁は研ぐのが難しいです。

専用のダイヤモンドシャープナーがないと研げませんし、刃こぼれを自分で直すのには苦労します。

切れ味は長く続きますが、一度切れ味が悪くなると大変ですね。

セラミックの包丁は切れ味が悪い?

セラミックの包丁を敬遠する理由として「切れ味が悪いから」という人がいます。

しかし、セラミック包丁だからと言って切れ味が悪いとは限りません

 

セラミック包丁利用者は、「切れ味が悪い」という人と「切れ味が良い」という人にはっきり二分されます。

利用者によって切れ味への評価が大きく変わるんですよ。

セラミック包丁は値段で切れ味が大きく変わる

というのも、セラミック包丁は値段で切れ味が大きく変わるんです。

2,000円~3,000円くらいの商品は、切れ味が悪いし、セラミックの特徴である切れ味の持続性もほぼありません。

 

ちなみに、セラミック包丁の切れ味が良いと感じてる人は、大抵1万円くらいの商品を使ってるケースが多いです。

「セラミックの包丁で1万円!?」なんて驚く方もいるかもしれませんが、これが冒頭で紹介したいわゆるファインセラミックスを使ったセラミックナイフなんですよ。

 

やっぱり通常のセラミックとファインセラミックスでは切れ味の持続性も違います。切れ味そのものも良いです。

「セラミック=安価な包丁」というイメージから、勝手に切れ味が悪いと思い込んでる人が多いんですよね。

おすすめのセラミック包丁メーカーは「京セラ」

最後になりますが、セラミック包丁を購入するなら「京セラ」がおすすめです。

京セラは、セラミックキッチン用品業界で広いシェア占めているメーカーで、セラミック専門で扱っています。

セラミック加工技術へのこだわりは言うまでもありません。

 

商品ラインナップも豊富ですが、もちろんおすすめはファインセラミックスが使われた包丁。

下手に5,000円くらいのステンレス包丁を購入するくらいなら、京セラのセラミック包丁を選んだ方が切れ味が良かったりしますからね。

 

ちなみにおすすめモデルは「ファインプレミア」のブラックブレードです。

詳しい性能は下記の記事にまとめてあります。ぜひご覧ください。